お中元のマナーに関すること

仕事先でいつもお世話になっている人がいたら、お中元を贈ってみてはいかがでしょうか。七月から八月に贈るのが一般的とされていますが、地域によっては贈る時期が異なることもあるので贈る前に相手先の地域に合わせて贈るように心がけるようにしましょう。お中元を贈るのは夏になるので、そうめんやビールなど涼を感じられるものを贈るのがおすすめです。一般的には会社の上司や仕事でお世話になった人へは5000円位の物が選ばれています。

相手へ気を遣わせてしまうことを避けるため、あまり高い金額のお中元は避けた方が良いでしょう。毎年贈る物で毎回値段が違うのはマナー違反になるので注意が必要です。そのため、毎年できるだけ同じくらいの値段のギフトを選んで贈るようにするのがポイントです。お中元のマナーで大切なのは、贈る時期や予算のほかに相手の好みに合わせることも挙げられます。

相手が一人暮らしの場合は、量が多すぎない物を選んだり家族が多い方へ贈る時はジュースなどを贈るようにすると喜ばれます。お中元は、日頃の感謝を伝える風習なので相手への配慮を何よりも重視して贈り物を選ぶことが大切です。直接相手の家まで持参するのも良いですが、最近は郵送が一般的で郵送の前にあらかじめ送り状を送るのがマナーとされています。贈る相手が喪中でも贈ることは可能ですが、熨斗の色や時期には配慮して贈ることが重要です。

紅白の熨斗はお祝いに使われる色なので避けるようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です