お中元の基礎的な知識

お中元は中国三大宗教の1つ道教の年中行事が起源である中元と、日本古来の先祖供養の風習が交わった事で親類縁者にお供え物を配る習慣となったのが元です。現代の様に上半期にお世話になった方へ感謝の気持ちを込めた贈り物と変化したのが江戸時代であり、それから定着していきました。6月の下旬から7月15日ごろまでに送るのがお中元の本来の時期ですが、地方によって変化します。北海道では7月中旬から8月15日まで、東北や関東では7月初旬から7月15日まで、東海、関西、中国、四国では7月中旬から8月15日まで、九州では8月1日から8月15日までです。

特殊なのは北陸と沖縄で、北陸は7月初旬から7月15日までの地区と7月15日から8月15までの地区があります。沖縄では旧暦の7月15日までに贈るのが主流である為、その年によって異なります。異なる地域にお中元を贈る場合はできるだけその地域に合った時期を守り失礼がないようにしましょう。重要なお中元の品ですが元々はお供え者の意味が含まれていた為か、用意されてる品物は食べ物が中心となっています。

人気があるのは夏の旬のフルーツであるスイカやメロン、桃などとなります。それらを使った和菓子や洋菓子や清涼感があるゼリーなどのスイーツも人気の品となっています。素麺やコーヒーにビールなども定番の品も人気です。また食べ物以外では夏のイベントをモチーフにした日用品も人気があります。

ですが一番大切なのは贈り先の方々に喜んでいただけるものを選ぶ事です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です