お中元の起源を知っていますか

お世話になっている人に対して品物をおくる風習が、お中元です。6月半ばを過ぎると、デパートなどでよく「お中元」という言葉を目にするでしょう。もともとこのお中元の起源は、中国にあります。中国の道教には、旧暦で上元・中元・下元という日が決められており、中元は現在の7月15日に該当します。

中元の日に神様に贈り物をすると、罪が赦されると道教では信じられてきました。それが日本の仏教の盂蘭盆と結びつき、ご先祖様の供養と贈り物が結びつくようになった、というのが有力な説です。現代のようなスタイルになったのは、日本では祖先の霊と食を共にする「共食」をするために、ものを配ったり贈ったりしたことが、始まりと言われています。「共食」の考えから、お中元の贈り物には食べ物が多い傾向にあります。

特に餅や米、お酒といった食べ物には特別な力が宿ると日本人は考えてきました。今でもこうした食べ物は、神様に捧げられる供物としてよく見られます。こうした神聖な食べ物を分かち合うことで、神と人間が結びつくことが贈答の大きな目的のひとつだったのです。食べ物を共に飲食することは「つきあい」と言われ、親しくなるプロセスのひとつとされてきました。

こうした場所に参加できない遠い縁者に対しては、「共食」の意味合いや親しみを込めて贈り物をするようになったのです。昔の日本では、「共食」をすることでムラ意識を高め、団結するという目的もありました。現代では贈り物をするという風習のみが、残っています。お中元のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です