お中元で使用するのし紙にも重要な意味があります

普段からお世話になっている人に、お中元の時期が来たら相手の好みそうな品物を選んで、感謝の気持ちを示す事は大切です。相手との距離を縮めるために、商品選びは重要ですが通常は選んだ品物にのし紙を付けて贈ります。お中元でののし紙の選び方ですが、紅白の蝶結びになっているもので、のしのデザインが付いているものを選択します。このデザインはお祝い事を示しており、紅白の蝶結びになった水引は何度でも繰り返してよいという意味です。

靴紐を結ぶ時でも蝶結びにしていると、ほどけても簡単に結びなおす事が出来ます。結びきりになっている水引のものもあり、これは結婚祝や快気祝などに使用するもので、一度きりにしたい場合に使用します。水引の色ですが、お中元では紅白のものを使用し、白黒になっているものは葬式などの弔事で使うものなので絶対に間違わないように注意が必要です。水引の上に御中元と書き、下に自分の名前を書きます。

基本的には各個人で贈るものですが、連名で贈る場合には、右側に目上の方の名前を書き、左側に目下の方の名前を書きます。人数が多い時は状況に応じて、代表者名を書いた後に他一同などとする事も可能です。法人として個人のお客様にタオルなどをお中元として贈る場合は、名前の所に会社名を入れる事もあります。のし紙と言えば、お中元の品物全体を包むように出来ているのが一般的ですが、サイズの小さい短冊のしというものもあり、単純にサイズが小さいだけで効果は普通のものと同じで、相手に失礼に当たることもありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です