夏の挨拶として定着しているお中元の由来とは

夏の季節に親戚や職場の上司など、日頃お世話になっている人に対して感謝の気持ちを伝える夏のご挨拶として定着したお中元ですが、その起源は中国の道教にあるといわれています。古代中国の道教では三元の日に三人の神様である三官を祭り、1月15日の上元には福をもたらす天官、7月15日の中元には罪を許す地官を10月15日の下元には水官を奉る行事があったようです。その中の一つである中元は、仏教におけるお盆の時期と同じだったことから、日本国内でも広く伝わったことがこの行事の由来とされています。日本で実際にこの行事がはじまったのは、仏様へのお供物を親類や近隣に配る行事がどんどん広がっていき、江戸時代になると商売の得意先やお世話になった人へと日頃の感謝の気持ちを込めて贈り物をする習慣へと変化しました。

現代でもお中元は一年の中で上半期のお世話に対するお礼や、相手の健康を願う気持ちを伝える良い機会として非常に大切にされている文化でもあります。地方によってはお中元は盆供や盆礼と呼ぶこともあり、これは中国の道教から始まったお中元の起源や由来から発生した呼び方であることがわかります。今までは目上の方に贈るイメージが強かったのですが、近年になってからは感謝を伝えたいという方であれば同世代の友人で、相手が喜ぶ内容の贈り物をお互いに贈り合うなど新しいお中元の形に変化してきているといわれています。最低限のマナーを守って、感謝の気持ちを伝える良い機会をうまく活用することが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です