お中元の起源について

日ごろお世話になっている人へ感謝の気持ちを込めて贈りものを届けるというお中元の習慣は、今ではすっかりわが国に根付いています。この習慣は室町時代に広まったと言われていますが、さらに起源をさかのぼっていくと、古代中国の伝統行事に行き当たります。古代中国の民間信仰である道教には、三元と呼ばれる行事がありました。これは道教の神様である三官大帝という3人の天帝の誕生日とされていて、1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元(日付はいずれも旧暦)と呼んで、それぞれ祭礼を行っていました。

この行事が日本に伝わり、さらにその中の中元と仏教の盂蘭盆会(いわゆる「お盆」)とが結びついたことで、お中元の習慣が生まれたとされています。もともとの中元は神様に対し、そして盂蘭盆会は先祖に対してお供え物をして日ごろの感謝の気持ちを表す行事でしたが、その一方で行事に参加する人々の間ではあいさつ代わりに贈答品を手渡すならわしがありました。これが、今日見られるお中元の原型となります。お中元はまず、室町時代に公家の間で広まりました。

それが徐々に武家にも伝わるようになり、江戸時代に入ってからは一般市民の間でも贈り物を交換し合うようになりました。現代のお中元はかなり商業色の濃いイベントになっていますが、こうした動きがみられるようになったのは明治30年代のことです。百貨店が売り上げの落ちる夏季にキャンペーンを行ったことから、「夏のギフト」としての性格が強まるようになりました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です